管理工学科3期生サイト

GNNグッズ


2018年10月5日のクラス会で川瀬のトーチャンと久し振りにゆっくり話をしました。昔、私がもらったGNNネクタイピンの話が出ました。「まだ、持っているよ」

GNNとは義理・人情・浪花節のG・N・Nです。これが、川瀬研の教えの基本でした。管理工学科の現役時代から、IEの川瀬、問題解決の川瀬で実業界に名を売り、有名メーカーでのコンサルタントを仕事にしていました。管理工学という学問は実学ですから、大学での研究教育と企業へのコンサルタントは、何の隔たりもありません。

わかちゃんはORの関根研でしたが、BSタイヤの工場など、何度も泊りがけで社内研修を手伝いました。タイヤ製造ラインのシミュレーション・モデルを作成しました。

アメリカの有名大学では、この分野の学部や大学院の教授たちは、週に一日は企業や工場など現場に出掛けて大学にはいません。私が初めてカーネギーメロン大学のGSIA(Graduate School of Industrial Administration)へ行ったとき、つぶさにこの目で見て来ました。まだ、ジョージ・サイモン教授が健在の頃でした。1週間の研修を受けてから、ニューヨークからフィラデルフィア、ジョージア州アトランタのGeorgia Techにも回りましたが途中から川瀬のトーチャンも合流してくれました。それは、Georgia Techのレーラー教授の許に博士課程の留学していたからです。

コンサルタント業は管理退職後も続いています。その社名がGNN Inc.であります。

わかちゃんが昔、川瀬のトーチャンにもらったのは、アルミで出来たネクタイピンでした。一体、何年前のものでしょうか。70年代くらいでしょうか。

そうしたら、川瀬さんから大量の「GNNグッズ」が1箱、ユーパックで送られてきました。そこで、皆さんにもお見せできるよう、何とも美しいので、この管理39ギャラリーに掲載します。(2018/10/13)

 

GNNシール

GNNネクタイピン

GNNキーホルダー

GNNキーホルダー(その2)

箱に入っている行動規範を示したカード



「字が小さくって読めねぇッ!」っていう人がいます。ハズキルーペします。

1.
人間は弱くて、意気地がなくて、だらしがないものだということを認めましょう。
2.
人間能力には差があることを認めましょう。
3.
人間能力の良いところを伸ばしましょう。弱いところを矯正しようとしないように。
4.
人間に能力以上の無理をさせないように。プライドは絶対傷つけないように。
5.
同じことを繰り返しやっている場合には、努力によって能力の差を大きく縮めることができることを知りましょう。
6.
叱咤激励は害が多いのでやめましょう。その代わり、褒めましょう。結果が出るまで待ちましょう。だまされ上手になりましょう。
7.
人間は一人だけではハッピーになれません。皆でハッピーになるように努めましょう。
8.
絶対に落ちこぼれを作らないようにしましょう。最低の人を基準に人を評価しましょう。
9.
常に仕事や生活のやり方の改善をし続けましょう。余裕がなければ何もできません。
10.
どうしても余裕がない時は、楽しくやせ我慢をしましょう。
11.
問題解決能力を少しづつ向上させましょう。
12.
何事にも、自分の運命は自分で決めましょう.そして、決めさせましょう。
13.
すべての人はそれなりに、合理的であることを認めましょう。そして、相手の価値観を理解し、それなりに認めましょう。
14.
人間は私利私欲に走りたがるものであることを認めましょう。しかし、私利私欲に走ることは、結局私利私欲に結びつかないと知る賢さを持ちましょう。
15.
働・学・遊・美をミックスしましょう。

GNN栞

ピカピカで真上から撮るとカメラや手が写る

GNNナプキン

韮崎と書いてあるのは、別荘のBar GNNで使うもの。

韮崎にはテニスコートもあり、川瀬研の合宿の場でもありました。

Bar GNN は50年前からあった銀座のアンテのBarに似せて作ったものです。
 

アンテの特別珍品

このクリスタルが入っている箱に書かれた中身の謂れ

東工大の松田武彦先生⇔小笠原暁先生(神戸商大)⇔川瀬武志先生⇔わかちゃん

という古い繋がりがあります。

69年のベニスでのIFORS会議への参加に始まり、71年の会計情報システム視察団派遣へと

会計情報システム視察団には東大・会計学の津曲助教授をOR学会の仲間に入れて行きました。

津曲さん、東大教授になって間もなく亡くなりました。

そんな話まで、川瀬のトーチャンと想い出話でした。

75年は東京・京都でIFORS国際会議を開きました。

80年代、90年代はわかちゃんが1人で企画し松田先生を団長にして視察団企画をしました。

松田学長が団長の視察団ではわかちゃんが鞄持ちに決まっていました。

IFORSだけでなく、新しく出来たAPORSも、更にはTIMSまで実務家や大学人を連れて回りました。

企業の人は参加費を余計にもらい団長の費用を賄い、さらにお金儲けもさせてもらいました。

そのお金は、国際関係の接待などに有効に使いました。

そういう仕組みをわかちゃんに教えてくれたのが小笠原・川瀬ペアでした。

4日後に思い出しました。70年代だったか80年代だったか定かではありませんが、

松田先生に連れられて銀座のバーに行ったことがありました。

今思うと、「あんて」だったと思います。

今は広尾と言っても、昔のオーム真理教の教団があった脇の道を入って行った奥に引っ越しっしたそうです。


これらのGNNグッズで、タイクリップは川瀬研の卒業生(約400名)には信者の証として与えたのが始まりです。

その後、コンサルティング相手の会社の現場で、GNN信者にふさわしい人たちにも配りはじめたものだと言います。その結果、1000個も作ったそうです。

さらにGNNの教えを広める伝道者に値する人には、金のタイプリップを与えた。という事です。キーチェインはおまけとして各種作ったそうです。

それ以外のものは、退職パーティなどで教え子が作って参加者に配ったりしてくれたものです。実用に供さないものは1つも有りません。敢えて言えば、アンテのクリスタル飾りくらいですか。オトーチャンらしいところです。

それらを、わかちゃんに一括して送ってくれた川瀬のトーチャンの気持ちに謝意を何と表したらいいのか、そんな言葉なんてありません。見つかりません。

 

 

 

管理ギャラリー目次へ